CATEGORY


PROJECT


LOVE JAPAN


[LOVE JAPAN]Vol.01 OLYMPUS DIGITAL CAMERA [LOVE JAPAN]Vol.01 第1回「パピママ祭」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農林水産省が決定した、放射性物質が検出された汚泥を全国に肥料として流通させる新基準に反対する署名

[UPDATE:2011.07.09]

東日本を中心に各地の下水処理施設の汚泥などから放射性物質が検出されている問題で、農林水産省は『放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり200ベクレル以下のもの』については、流通ルートなどを管理したうえで、肥料として利用できるとする新たな基準をまとめました。

僕には、この基準が科学的に適切なものなのかはわかりません。ただ、この安全基準という明確な数字が設けられた事で、少なくとも、放射性セシウムに汚染された肥料が全国の農地にバラまかれることになります。現実、これまで出荷制限されていた汚泥を加工して作られた肥料が、24日以降すでに流通に乗っています。また、肥料以外にも、汚染された汚泥を原料としたセメントも作られます。

政府は、先週、放射性物質が検出された汚泥などの取り扱いについて、肥料用としては一律に「出荷を自粛する」とした方針を示しましたが、農林水産省は、24日、新たに肥料に使う場合の基準をまとめました。基準では、放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり200ベクレル以下の汚泥や汚泥の焼却灰は肥料として利用できるとし、不法投棄を防ぐため、帳簿などを作成して、流通を管理するとしています。基準以下であれば、長期間、農地にまいたとしても、土の中の放射性セシウムの濃度は過去40年程度の変動の範囲内に抑えられるということです。一方、再来年3月までの特例として、集落排水などで発生した汚泥で放射性セシウムの濃度が周辺の農地の土壌よりも低く、1キログラム当たり1000ベクレル以下であれば地域内に限って、肥料としての利用を認めるとしています。農林水産省は「肥料の製造業者への立ち入り検査の際に放射性物質の濃度についても検査を行い、基準が守られているかチェックしていく」と話しています。

これは、今、現在直面している放射性セシウム(他)に汚染された汚泥の処理に困った政府が、またその場しのぎに作った基準としか思えません。国土を半永久的に未来永劫放射性物質に汚染させる事が日本の未来に繋がるのでしょうか? 政府は、僕たち国民や未来のこどもたちの将来を考えて1つ1つの制作を作っているのでしょうか? 今回の署名は、人間が生きていく上で一番大切な『食物』を守るために行うものです。みなさんのご協力を頂きたいと思います。

 

詳しくはこちら


LOVE JAPAN


想いの書き込みをお願いいたします。

お名前 / ニックネーム

メールアドレス

コメント

COMMENT


BANNER


SPECIAL THANKS